下まぶたのシワ・たるみ取り(まつ毛下切開法)

疲れた印象に見える下まぶたのたるみを改善
すっきり若々しい目もとを手に入れる

下まぶたのシワ・たるみ取りとは?

下まぶたのたるみによる老けたイメージ、または疲れたイメージを改善します。
目袋が肥大してシワができ、皮膚もたるんでいる人、
下まぶたの筋力が弱まり、アカンベー気味に見える人にオススメです。

Doctor's Comment

この治療は、下まぶたのたるみによる比較的若い時期の老けたイメージ、または疲れたイメージの改善に最良の方法です。
フェイスリフトを受ける方で、特に下まぶたやほうれい線が気になる方は、この手術を併せて受ると組織の操作がしやすく、垂れ下がった眼輪筋を上方へ吊り上げるのが容易になります。それによって、下まぶたのたるみを解消でき、さらには、頬の脂肪を上方に固定しやすくなります。また、ほうれい線の改善も、フェイスリフトの耳の前の切開だけで得られるものより、はるかにすぐれたものになります。

手術の流れ

  1. Step01

    まつげの下2~3mmのところに切開を加えて、3つの部屋に分かれている眼窩脂肪を露出させ、多すぎる脂肪を取り除きます

    下まぶたのシワ・たるみ取り(まつ毛下切開法)の手術イラスト 1-1 下まつげの下2〜3mmのところを切開 下まぶたのシワ・たるみ取り(まつ毛下切開法)の手術イラスト 1-2 余分な眼窩脂肪の切除
  2. Step02

    さらに、眼輪筋などの支持組織の強化を図り、まぶたの下のたるんだ皮膚を切り取って縫合します。

    下まぶたのシワ・たるみ取り(まつ毛下切開法)の手術イラスト 2-1 余剰皮膚の切除 下まぶたのシワ・たるみ取り(まつ毛下切開法)の手術イラスト 2-2 縫合

手術概要

手術時間 30~40分
抜糸 5日後
ご留意点 腫れをおさえるため、手術当日は目の周りを充分冷やし、術後2~3日は下まぶた(剥離したところ)を、透明あるいは肌色のテープで圧迫します。それでも、2~3日は腫れ気味に経過しますが、抜糸時にかなり収まります。
万が一、抜糸後に傷が固いことがあっても、時間と共に解消します。包帯は使わず、テープでの固定だけなので目立ちにくく、術後すぐに普通に生活することも可能です。
用意するもの サングラス、またはメガネ
料金 54万円

※術中・術後の経過には個⼈差がございます、上記はあくまで⽬安とお考えください。